tominohoのブログ

夫婦関係の再構築にむけて勉強したこと思ったことを綴っています

夫婦関係修復の道のり、頑張りすぎないの意味

こんにちは❁︎

とみのほです◡̈♥︎

 

 

今日は頑張りすぎない について書きたいと思います。

これも私にとって、すごーく難しかったです。

 

夫婦関係の修復にむけて、1番は

笑顔

 

でしたが、その次に大事なこと

頑張りすぎない

 

 

カウンセラーさんに最初に教えてもらったこと、

"今は自分の幸せや笑顔になることに専念しましょう"

 

 

最初はなんでだろ、凹んでるからかなって思ってたんです。だって頑張らないとどんどん旦那さんは帰ってこなくなっちゃう。そう思ってました。

 

 

夫婦関係修復の過程で、必ず自分を責めますよね。

もっと優しくすればよかった、もっとこうすればよかった、などです、きっともっとあります。

 

 

私は最初の頃、旦那さんはもうすぐ出てってしまうんだろう。ならば最後の時ぐらい美味しいご飯を作りたい。などと不安から毎日せっせと今まで作ったことのないような料理を生み出していました、、

 

最初は楽しかったですよ、自分のレベルアップみたいな感じで。

でもそんな毎日を過ごしていたらやがて訪れるんですよ、帰ってこなくて食べてもらえず、作った料理を自らの手で破棄する日が。。

 

私の旦那さんめちゃくちゃ食べるんですね。

なので作る時って結構大量につくるんですが、旦那さんが何日も帰らないと自分でどれだけ頑張って食べても、痛んで捨てる日が何度も来ます。

 

すると満を辞して訪れるんですよ、最初の悲しみから派生した何で私だけがこんな目に遭わなきゃいけない?もう怒っていいかな?

ていう...勿体無いオバケとともに押さえつけていた感情が...

 

私はカウンセラーさんに相談しました。

頑張っても頑張っても、もう届かないですと

 

そうしてカウンセラーさんに言われました。

 

「夫婦関係修復はとても時間がかかります。

頑張りすぎないで、安定した心で旦那さんを受け入れることが大事」

 

 

ああ、そうか長期戦なんだ。

マラソンか。私は短距離走の考えで、早く!頑張って!認めてもらいたいー!!って突っ走っていたんですよ。そりゃすぐに疲れてしまいます。

 

だからカウンセラーさんは最初に

自分の幸せや笑顔になることに専念しましょう

って言ってくれたんだ。って気付きました。

 

 

どんどん冷食に頼りましょうよ!っていうアドバイスをいただきました。

旦那さんが帰ってきてから準備をしても間に合うものなら、食べてもらえなかった...という悲しい思いはしないですよね!

 

私は冷食や買ったお弁当では、愛が伝わらないのではないかと不安でした。それでも心が不安定で家事が負担になるうちは、笑顔を優先するために、頑張りすぎるのを手放しましょう。ということでした。

 

私は旦那さんが帰ってくるかこないかわからないような時期は、その方法でなんとか乗り切り、

そうしてあえて手を抜くところは抜いて、笑顔でおしゃべりできる時間の方を大切にすると、また元気が戻ってきて、ちゃんと作りたいってなりましたよ◡̈

 

長期戦に備えて、心と体を自分で満たし、安定すると気持ちも明るくなりますよ✩︎

手抜きだけではなく、どうやって気分をあげるかもたくさん実践してきたので今度ご紹介させてくださいね。

f:id:tominoho:20211014121455j:image