tominohoのブログ

夫婦関係の再構築にむけて勉強したこと思ったことを綴っています

自分が媚びてるみたいに見える、それは大きな勘違い

こんにちは❁︎

とみのほです◡̈♥︎

 

 

夫婦関係修復に向けて生活し時間が経って、毎日泣き暮らす生活から少し卒業できたころ、ふと思う時がありました。

 

気をつかった会話、

帰ってこないのに食事の準備

無言で放られる洗濯物

家事全般120%一人

 

そんな日々を過ごす中、なんだか私って家政婦さんみたい。私だけ頑張ってて、なんか媚びてるみたいで不甲斐ない!

 

ような気持ちになってました。

なんか、伝えるの難しいんですが、、女として終わった感とか、同居人感、とか。なんか色々考えちゃって

 

搾取されている

 

って思っちゃってたんですよね〜。

 

でもそれは大きな勘違い

勘違い、というか自分に対するセルフイメージがとても下がっているだけ。

 

例えばお母さん

お母さんはご飯を毎日作ってくれましたよね。でも「毎日私ばっかり作ってて搾取されてる!たまにはあんたたちも作りなさいよ!」

 

って言われたこと、、ありますかね。

 

また私たちが愛をくれるお母さんに対して、いやー立派な家政婦さんだなー!

って思ったこと、ないですよね!笑

 

 

大きな愛の人になる

夫婦関係ってずっと続くものです。ずっと一緒にいると誓った存在です。

 

出逢った頃はドキドキ感、ときめきを与える存在。

付き合いはじめて少し所有感も出てきますね、安心感も与える存在にもなります。

結婚して信頼感、安定感だったり、これから協力して人生を歩むパートナーになる。

 

ずっと一緒にいる、ということは、ずっと同じ関係でいるということではなくて、

お互いの関係性も変化しあって生きていくということ。お互いの変化を受け入れて生きていくこと。

これが夫婦なのではないかなって、思います。

 

結婚して何年もたってるのに、未だ初恋の頃のようにときめきが止まらなくてぇええ、、!とか、そんなの続かないです。

また私は、そんなドキドキハラハラした気持ちのみで何年も過ごすのは心がもたないかな笑

 

 

安心感のある関係

一緒に飲みに行ってめちゃくちゃ酔っ払った帰りの電車

思いっきり旦那さんの肩に身体を預けてぐうすか寝る。駅に着いたら旦那さんの肩がびしょびしょになって、うわ〜最悪だ〜!なんて笑いあうような、、

安心して身体を預けられる関係になりたいです。

 

また自分がたくさん提供できる側になりたいとも思います。

 

今の亀裂が入った夫婦関係。思えばこれも長い夫婦生活の中の変化の一種

この機に自分から大きな愛の人になるチャンスなのかなって思うわけです。

 

 

そう思うと、今は母親の気持ちになって、旦那さんを受け入れてみよう。

彼に愛を与えてきたであろう人物になりきって接してみようって思います

 

 

何も減らない

"搾取されている"

夫婦とか恋愛以外にも結構思ってたんですよね。特に仕事とか。すごい、損したくないんですよ私。与えられないんです。

この損したくない精神は結構強烈で、今回も例に漏れず炸裂していました。

こんな気を使った関係を続けてて、結果ダメだったとき私に何のメリットあんの?って

 

 

でも最近ようやく気づいたんですよね。何も減ってないって。

カウンセラーさんに、最近搾取されてるって思わなくなってきた、減ってないですもんね?って言いました。

 

そうしたら、"今までそういう気持ちが強かったのは、若い頃苦労された経験から来ていたもの。自分がそこにいたいからそこにいる、何も減っていかない。という考えは自分軸で生きているということ"

 

 

おおー、、なんか離婚した方がいいかもって私が思う時って、こんなに旦那さんが私を愛してくれないなら...とか

仕事を辞める時、人間関係が辛くなるとき、

 

他人が私に対してこういう態度なら、私も身を引こう...

 

って、生きてきたなと。こういうのを他人軸というらしいです。

 

自分軸で生きる。

私が旦那さんを愛したいからそこにいる

これって媚びてますかね。

 

 

気持ちって毎日変化するのでね、これを書いた次の日にムキーッてなってるかもしれませんが笑

まぁ長い人生なんでいろんな感情とゆるゆる向き合っていけたらいいなぁなんて思ってる今日です◡̈⃝︎⋆︎*

f:id:tominoho:20211016123013j:image