tominohoのブログ

夫婦関係の再構築にむけて勉強したこと思ったことを綴っています

その移住その嫁ぎ先、ちょっと待って本当に大丈夫!?

みなさんこんにちは❁︎

とみのほです◡̈♥︎

 

今日は私が結婚してすぐに嫁ぎ先に移住した時の話経験した話について書きたいです。

今の仕事を辞め主人の実家の近くに移住しようか悩める全ての女性に一読いただきたい。

 

 

私は、北海道の中では都会の札幌で育ち、やりたい仕事があったので上京し3年、疲れも酒も抜けにくくなった30歳で夫と出逢い、北海道に帰って結婚しました。

 


とても順風満帆というか、30という女性としては無視できない年齢に、運良く見つけてここまでこじつけられて、本当によかったねと周りから言われていました。私もよかったんだと思う、し、なにより旦那が大好きなので毎日楽しい日々でした。

 


田舎暮らしを除いて。

 


結婚して北海道にもどる事を素直にいいことだと言った周りの人達は、北海道いいところだもんね!美味しい食べ物おくってね!など良い面しか知らない人たち。

 

地元の友達、家族もみんな頻繁に会えることを喜んでいたけど、ただ住む所はなんとかならないのか、と言われました。友達は、田舎の現状を、辛さを知っているから。

 


だいたい東京が地方者の集まりと言われているのと同じで、札幌のお友達もまた、田舎から札幌に出てきた人ばかりなので、なぜその年で田舎に、しかも住んだことのないお前が耐えられるわけないだろうと、とても心配されました。

 


夫の地元企業に就職したいという考えを尊重しての田舎暮らしだったのですが、当時私は都会で疲れ果てており、もう自然が近い場所=サイコーという短絡思考。

 

ちゃんとバス停やJRの確認もしましたし、近所の病院やスーパーも。ちょっと歩くな〜と思ったけど、まあ自転車あるし!とかポジティブに考えていたんですが、まぁもう結婚に浮かれていますので何の心配もありませんしできませんでした。

 


すれちがう人、100%お年寄り。

この方達が亡くなった時、街ってどうなるんだろう。。そもそも、働けない老人しかいない街で、どうやって成り立ってるんだろうってだんだん怖くなってきます。

20代で働いてる人はほぼいません。みんな都会に行くから。だいたいその場所で物凄く頑張ってる人は40〜50代の人が引っ張って行ってる感じがします。

これは都会とも変わらないですが、この人たちには継ぐ者がいない。え、私?いやいやいや。

 


そんな使命を持ってこの土地に来たわけじゃなく、結婚してこの土地にきたのだけど。。ハッピーになりにきたんですけど!?って思ってたんですが、だんだん冷静になってきて思います。

 

そもそも結婚したからってなんだ?私が変わるわけじゃない、仕事をしなければいけないのは変わらないし、結婚したからって別に仕事なんてなんでもいい、わけない。私だって仕事を選びたい。

 


けど選べない。

ない、仕事。

 


冬は寒いです。灯油代えげつない。

車社会ですから車買います。

ガソリン代、維持費、車検の三重苦。

 

謎の水道代高騰。水道局に電話したら、東京よりはこちらは高いんですよね、、すみません。とのこと

なぜ?

飲んでみたらわかりました。

美味しい、ミネラル水が出てくる感じ。

でもそのミネラル水で身体洗ったり洗濯もしなきゃいけないですよね、

勿体ないので別にいいです。

 

お休みの日は観光地行ってみます。せっかく越してきたので、色々回ってみます。

3日で全部回りきれます。

 

頑張って仕事みつけます。出勤の為JR調べます。

ない、、。学生や朝通勤の時間に集中して3本ぐらいはあるんですが、10時から11時台がないとか、他の時間帯もちょこちょこない

 

バスも、1時間半に一本あるかないかでした。バス停あるからホッとしていたのに、見てみるとないんですよね、

暗記できそうなくらいの本数

 


自然が豊かでお水も美味しくて、お野菜も安く手に入ったり味も本当に美味しいです。

けれど長々書きましたが一言で済ますと、

 


不便

ですよ。その、不便がどれくらい生活に支障があるのか、また心にダメージをうけるかっていうところをもう少し考えてから、いやしっかり考えてから、移住することをお勧めいたします。

 

小さな不便が積み重なると、何故わざわざここに暮らしているのかわからなくなります、せっかくハッピーになりにきたのに

 

今度、ここだけは、絶対におさえてほしいその移住大丈夫!?チェックシート作りたいです(いや作れるかわからないけど)

書きたいと思います。

f:id:tominoho:20211018121923j:image