tominohoのブログ

夫婦関係の再構築にむけて勉強したこと思ったことを綴っています

自己受容が難しいとき

みなさんこんばんは❁︎

とみのほです◡̈♥︎

 

前に自己受容について書きました

自己受容について - tominohoのブログ

とっても大事な、心を安定させる基礎の部分かなって思っているんですが、

 

なかなか、ありのままの自分を受容するって難しいですよね。そんな時にやってみてほしいこと2選を書きます⁽⁽ଘ( ˊᵕˋ )ଓ⁾⁾

 

1.言語化すること

日記を書いたり、カウンセラーさんに話を聞いてもらったり、ですね。

カウンセリングの目的は、カウンセラーの方との会話を通じて自分自身の心の声を聞くことにあります。アドバイスをもらうだけ、とか、決断をしてもらうことでもないんですね。自分で話して、質問されたことに答えたり、時にアドバイスをもらった時に感じた自分の気持ちを言葉で発することによって、自分の本当の気持ちが聞こえてきます。

 

カウンセリングを受けるって、日本だと深刻な症状が出てたりする人が行く場所って心配されがちですが、場所によってはお茶に行く感覚でカウンセリングを受ける場所もあります。

もっと日本でも気軽に普及したらいいなぁって思います。

 

2.気分転換

お散歩したり、旅行にでかけたりですね。

一人で遠出したりするのも楽しいです。自分と対話できたりしますよ。

また、この気分を変えたくてする行動の中に、高揚感を上げるもの

これをしすぎるときは注意が必要だったりします。

 

高揚感を感じることで自分の中の劣等感を感じずに済ますことができます、これを操的防衛といいますが、とても依存しやすく不健康な方法が多いです。

 

たとえばワーカホリックなども典型ですね。

向き合わなきゃいけない課題から目を背けるため、過剰に仕事に精を出してしまう行為です。

この仕事に精を出すことで劣等感を消すことは、行為で自分を受け入れているので非常に辛いです。体調も崩してしまうし、何より仕事をすることで自己肯定感が上がっている感覚を得ても、自己受容とはかけ離れた感覚です。

自己受容とは、ありのままの自分の存在を受け入れることなのです。

 

自分はできてる、100点だと言い聞かせることが自己肯定感ですが、

自己受容は60点の自分をそのまま受け入れた上で、100点にどう近づこうか考える。いわばスタート地点ですね!

 

 

 

貢献感を持とう

心の距離が離れてしまった旦那さんと一緒に暮らしていると、どうしても旦那さんに好かれるように頑張りすぎたり、旦那さんの気持ちを考えすぎてしまいます。

でもこれは旦那さんのことを考えているようで、実はとても自己中心的な考えなんです。

 

私は旦那さんからどう評価されているか

に注目しちゃっているんですよね。

自分ではなく、旦那さんに関心を持つこと。

今の私をありのまま受け止めて、今の私に旦那さんになにを与えられるか。

 

自己受容のスタートを切って初めて与えられるようになる気がします。

なかなか難しいですが、湖面のような心を取り戻せたらいいですね!

f:id:tominoho:20211107190601j:image