tominohoのブログ

夫婦関係の再構築にむけて勉強したこと思ったことを綴っています

追体験について

みなさんこんばんは❁︎

 

今日はよく喋るな、とみのほです

 

追体験って聞いたことあります?

 

心理学における追体験

ある人のことを知りたい、わかってあげたいという気持ちから、無意識にその人と同じ状況になるような体験を、人生をもってすること。

 

ある人、とは親、ですね。

 

私たちって自分が思っている以上に、親が大好きなんですって。

この期間、沢山の本を読んできたのですが、親が子を愛する気持ちはなんとなく想像つくんですけど、

びっくりしたのは子供である私たちもまた、両親のことをとても愛しているということ。

 

まだ何もわからない赤ん坊のころから、無償の愛情を母親に、全力の信頼を母親に向けていた子供、むしろ本を読んでいくうちに子供の方なんじゃないの?無償の愛を与えていたのは。なんて思ってしまいましたね。

 

全て親から真似る

言葉、と一言に言っても本当に沢山の要素を親から受け継ぎますよね。

話し方、口癖、雰囲気なんかも勿論。子供って親が持ってる物を持ちたがりますしね、私の甥っ子ちゃんも2歳ですがスマホに夢中です。可愛い。。

 

言葉が性格をつくる

人生を変えたいなら言葉を変えること

なんて話もよく聞きます。

親から学んだ言葉から、性格を、内面を、人間を作っていく。

私たちは成長するにつれ親以外の人たちとの出逢いや体験もします。そして両親に反発したり、尊敬する部分は認めていったり、いろんな感情を感じますよね。大好きと言っても、いろんな気持ちを抱きます。

 

ここだけは真似たくないな、と思うことも見えてきますよね。

例えば両親が不仲であった、母親が毎日泣いていた、父親の酒癖が悪かった、などなど

受け入れられない部分も見てきて、自分だけは絶対そんな風にはならないと思って生きている人もいると思います。

 

救ってあげたかった

大好きがこうじて

どうして両親はそのような状況になったの?

どうして両親はそのような生き方を選んだの?

 

受け入れられないことでも、私たちは両親が大好き。理解したい、わかってあげたい、できることなら救ってあげたかった。その気持ちから追体験に繋がるらしいですよ。

 

 

私も、母親とおんなじ体験をしておりまして

 

先日実家にかえって色々お話ししたんです。

その時初めて聞いた話し。

母親は私ができて結婚したのですが、東京という慣れない土地に嫁ぎ、夜遅く帰ってくる父がいない間なんとか頑張って私を育ててくれてたようです。

そんな中、自分なんかが母親になってよかったんだろうか、などと思うようになり、孤独も相まって心理的に不安定に。カウンセリングに通っていたみたいでした。

 

びっくり。

私は子供はおりませんが、慣れない土地に嫁ぎ孤独を感じていたこと、自分が変なんじゃないかと思ってカウンセリングに通っていること、

これ追体験だな〜と思ってめちゃくちゃ感動しました笑

いや、したくはないんですよ!?したくはないんですけど、私、優しいな〜って思って。笑

 

できちゃった婚の母親が私に、

"たとえ最初望んでなくても、

産まれたら人生がかけがえのない宝物になる"

って言ってくれたことがあって。

 

私は生まれただけで、ひとりの人生をかけがえのない宝物にすることができたんだって思ったら泣けてきて、自分という存在を尊いものだと思うことができました。

みなさんも、そうですよ。

 

追体験から抜け出す

とはいえただただおんなじ、辛い体験をするだけでは親だって救われないし自分だって辛いですよね

 

この追体験から抜け出すにはどうしたらいいのか、色々調べてみたんです。

 

まずは、追体験である、と気づき感じること。

そして、母親がその時できなかったこと、父親がその時できなかったことを、自分はできるよう乗り越えること。

人間は必ず進化しています。

同じ体験をしても、自分はそこからもう一歩、あのとき両親ができなかったことを越える。

これは両親にとっても自分にとっても、幸せですよね。

 

大好きだけど、同じ様にならなくていい、自分の人生を思いっきり生きていい。

こんな風に両親を可哀想と思ってしまう気持ちを手放したら、抜けられるかもしれないと、調べてて思いました。

 

まぁ、まだ絶賛体験中なんで抜けてはいないんですけれどね(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

f:id:tominoho:20220116013539j:image